案内ロボットのコンテンツの考察

LINEで送る
Pocket

案内ロボットのコンテンツの考察

上のアイキャッチ画像は、四万温泉の「くらっぽ」キャラクターのポシェットです。
このポシェットを肩にかけて、温泉ガイドをしてもらいます。
ポシェット内に温泉ガイドロボットが入っています。
このように、「癒し」のある温泉ガイドロボットです。

ロボットでの案内(ガイド)のニーズが増えている。

案内コンテンツの作成について考察する。

案内コンテンツは、季節、日時などの時間的条件で内容を変えたいニーズがある。
また、案内コンテンツの内容によって、次の案内コンテンツを利用者判断で取捨選択したい場合もある。
このようなニーズに対応する案内コンテンツの構成と制御方法を示す。

1. 時間的条件:

コンテンツの内容を季節、月などの時間的条件で変えるように、コンテンツをデータベースで管理する。

(1)季節(春、夏、秋、冬)
(2)月(1月、2月、~12月)
(3)月の旬(上旬、中旬、下旬)
(4)日(1日、2日,3日、~31日)
(5)午前・午後(午前、午後、夜)
(6)時刻(0時0分0秒、1時、2時、~23時59分59秒)

 

2. 利用者判断条件:

利用者の判断でコンテンツのガイド方法を制御する。

(1)今の案内を最初から聞きたい
(2)今のフレーズをもう一度聞きたい
(3)次のフレーズは聞きたくない
(4)案内を終了したい
(5)A、B、Cの中で、Aに関心があるのでAを聞きたい(複数の選択肢から選択)

 

3. 案内音声の選択:

案内音声を利用者が選択できる。

(1)女性音声
(2)男性音声
(3)人間の音声
(4)ロボットの音声

 

4. 複数ロボットでの案内:

複数のロボット(男性の声のロボット、女性の声のロボットなど)で案内を行える。

(1)各フレーズをどのロボットが発話するかを制御
(2)複数のロボットが同時に発話する

 

5. 発話の喜怒哀楽:

コンテンツを喜怒哀楽の声表現で発話する。

(1)各フレーズの発話の喜怒哀楽制御

 

6. 案内コンテンツの構成

コンテンツの句読点(。)単位をフレーズとして扱う。

(1)フレーズ:句読点(。)単位を1フレーズと定義する。

 

テンキー案内ロボットのプロトタイプ
案内ターゲット毎に振られた番号をテンキー入力することで、案内を行う。
音声出力は、イヤホン、Bluetoothスピーカーを選択できる。

テンキー案内ロボットの構成:

(1)制御部(Raspberry Pi)
(2)案内指示(無線テンキー)
(3)音声出力(イヤホン、スピーカー)
(4)開発プログラミング言語:python
(5)制御方式:Socket通信
(6)音声合成:各種音声合成ソフト採用
(7)ログ情報収集(利用日時など)

群馬プログラミングカレッジでは、プログラミングやAIロボット開発に興味のある方を募集しております。
共同開発したり、先端AI技術を利用したシステム開発などを行います。

また、子どもプログラミング、プログラミング教育などに関心のある方のお問合せをお待ちしております。

群馬プログラミングカレッジでは、四万温泉協会と複数ロボット案内システムや温泉ガイドロボットなどの共同開発に参加しております。

 

LINEで送る
Pocket

pythonプログラミング言語の人気

LINEで送る
Pocket

pythonプログラミング言語の人気

pythonプログラミング言語の人気が上昇中!

1年前のbook storeでのpython関連書籍は、それほど多くはなかった。
しかし、2018年になるとプログラミング言語書籍コーナーでのpythonプログラミング言語関連書籍の順位は、トップとなった。

pythonプログラミング言語
pythonプログラミング言語
pythonプログラミング
pythonプログラミング言語
pythonプログラミング
pythonプログラミング

 

Python(パイソン)は、汎用のプログラミング言語です。
コードがシンプルで、C言語などに比べて、プログラムを分かりやすく、少ないコード行数で書けるといった特徴があります。

Pythonは、人工知能ソフトの開発、ビッグデータのデータ解析、IoTのソフト開発の現場でよく使われるプログラミング言語です。

Pythonは、特定の企業団体からの影響を受けにくいオープンソースで管理運営されていますので、幅広いジャンルの開発企業から支持されています。

Pythonは教育目的で設計されたわけではないが、単純さから子供が最初に学ぶ、プログラミング教育用の言語としても利用が増えています。

pythonプログラミング言語を開発したグイド・ヴァンロッサムはPython設計以前に教育用言語であるABCの開発にかかわり、教育用としての利用について期待感を示したこともあり、方針として非技術者向けといった利用を視野に入れているとされることもあります。

「私の大好きなPython利用法は、騒ぎ立てずに、言語教育でプログラミングの原理を教えること。」
 スラッシュドット・ジャパン『 グイド・ヴァンロッサム へのインタビュー』より。

ライブラリ[編集]
Pythonには「電池が付属しています(”Battery Included”)」の思想があり、プログラマがすぐに使えるようなライブラリや統合環境をあらかじめディストリビューションに含めるようにしています。
このため標準ライブラリは非常に充実しています。

人工知能ソフトの開発
Pythonは、人工知能ソフト、中でもディープラーニングや機械学習を用いたソフト開発の標準的なプログラミング言語として有名です。
ディープラーニングや機械学習のプログラム処理に高度な数値計算が必要となり、そしてコンパイル不要で手早くテストランできる環境が求められることから Pythonがよく使われる理由です。

IoTシステム開発
IoTとはモノをインターネットにつなぐことです。
IoTは”Internet of Things”の略でモノのインターネットと訳されています。
IoTとはモノがインターネット経由で通信することを意味します。

今、ニュースや新聞でも話題ですね。
プログラミング未経験者からするとIoTって遠い存在のように感じるかもしれませんが、意外と身近な存在です。

IoTシステムは、ラズベリーパイというコンピューターを使って、植木鉢内の水分量を確認するセンサーアプリやビニールハウス内の温度や湿度などをLINEでお知らせしたり、セキュリティーシステムを作ったりといろいろな場面で活躍しています。
単にプログラム・コードを書くだけでなく、センサーと連動したりして「リアル」と連動しながら手軽に学べるのはPythonならではといえます。

ロボット制御
ロボット制御というとCやC++、Javaが代表的なプログラミング言語になりますが、Pythonでもロボット制御が行われています。
Pythonの場合、特に教育現場でのロボット制御が有名で、レゴのマインドストリーム EV3もPythonを使って制御することが可能です。
普通マインドストリーム EXV3は、ビジュアル・プログラミング言語でロボット制御しますが、Pythonで制御することでワンランク上の学習ステージに上がることができます。

Webアプリ
Pythonは、PHPやRuby、Javaのようにサーバーサイドで動くプログラムになります。
PHPに比べると読み書きしやすく、Rubyに比べるとC/C++との相性がよく、Javaに比べると記述量が少なく、コンパイル不要とあってPythonでWebアプリを開発する事例も多数存在します。

Pythonを使って開発されているWebアプリの事例:
YouTube
Instagram
Quora
Reddit

 

群馬プログラミングカレッジでのプログラミング学習では、主にpythonプログラミング言語を学びます。

子どもたちの子どもプログラミング教室では、最初は、Scratchからプログラミングを学び、高学年生はpythonプログラミング言語を学びます。

群馬プログラミングカレッジの「たかポンロボット」、「複数ロボット自然会話システム」、「案内ロボット」などは、pythonプログラミング言語、PHPプログラミング言語で開発されています。

 

 

LINEで送る
Pocket