複数ロボット会話システムの開発

LINEで送る
Pocket

複数ロボット会話システムの開発

複数のロボットがお互いに会話するシステムです。

 

 

システム構成:

  • インターネットに複数のロボットを接続
  • 各ロボットは、クラウドのAI自然会話Webサービス、音声認識Webサービスに接続
  • 各ロボットは、ロボットの会話の同期など制御するサーバに接続
  • サーバーは、NTTコミュニケーションズのBizメール&ウェブビジネスサーバー
  • データベースは、MySQLサーバー

ロボットのハードウェアは、Raspberry Pi(ラズベリーパイ)とArduino(アルドゥイーノ)、マイクロホン、スピーカー、LED2個、サーボモータ3個で構成

ロボットの開発プログラム言語はpython
Arduinoの制御言語はC/C++言語
ロボット会話制御Webサービスは、PHP言語

 

会話モード:
(1)シナリオ会話モード(今回開発完了)
(2)AI自然会話モード(開発開始)

シナリオ会話モードは、複数のロボットが会話するシナリオをサーバーに配置して置き、各ロボットは会話を開始時にサーバーからシナリオをダウンロードしてローカルファイルに格納する。

各ロボットはシナリオに沿って、同期を取りながら会話をする。
同期の制御などは、サーバー上のWebサービスプログラムが行う。
各ロボットは同時に発話することもできる。
ロボットの音声は「喜怒哀楽」を表す4種類の発声を行うことができる。
複数のシナリオを登録して置き、そのシナリオを繰返し会話をすることができる。
参加するロボットの数は制限がなく1台のロボットからn台のロボットに会話を行わせることができる。

シナリオ会話モードの利用シーン:
展示会での作品の案内
観光地の案内
会場の案内

など、様々な案内を人に代わってロボットが案内できる。

AI自然会話モードは、複数のロボットがAI自然会話をお互いにするモードで、「ある特定のテーマ」を与え、このテーマに関連する自然会話を行う。
「ある特定のテーマ」は、インターネット上のある「特定テーマ」関連情報をロボットが自動収集(キューレーション:curation)して、その情報を基に他のロボットへ発言して、お互いに会話を進める。
会話内容はサーバーのMySQLデータベースに記憶する。
ロボットは、新たな言葉(名詞)が投げかけられるとその言葉を記憶していき、徐々にボキャブラリーを自ら増やしていく。
このような学習機能を持たせることで、複数のロボットの会話がどのような結果を導くかは、興味ある。

 

自分の会話ロボットとこのシステムの会話ロボットとインターネット上で会話したいという方は連絡ください。
会話のWebサービス仕様をお伝えします。

 

LINEで送る
Pocket

たかポンは、人工無能か?それとも人工知能か!

LINEで送る
Pocket

たかポンは、人工無能か?それとも人工知能か!

今、群馬プログラミングカレッジで開発している「たかポン」ロボットは、会話ロボットです。
 
コミュニケーションロボットを目指しています。
 
コミュニケーションロボットとは、人間との会話を通じてお互いのコミュニケーションを築いていくロボットです。
 
たかポンは癒し系のロボットです。
 
会話をすればするほど、あなたとの仲の良いお友達になっていけたらいいな!
 
との思いで開発しています。

今日、初期バージョンが完成しました。
楽しい会話で癒されます。

 
会話をすればするほど、自分と共通な趣味に関する会話をするようになったり、
 
日常的に今すぐ知りたい情報を即座に答えてくれます。

今日の群馬県高崎の天気は?

 
と質問すると、
今日と明日、明後日の天気予報を即座に答えてくれます。

あなたの趣味に関するキーワードをカテゴリーに登録すると、

最新の関連情報を教えてくれます。
 
あなたの誕生日や家族の誕生日が近づくと、誕生日を教えてくれたりします。
 
あなた家族の記念日をたかポンは記憶して、関連情報を教えてくれます。

まだまだ、色々なサービスを提供できます!!

 
どうでしょうか?
 
人工無能なんていえない存在と思いませんか?
 
人工知能が目指しているのは、「知能」そのものです。
 
知的活動をして学び、自ら知能を獲得していくことで、人間が言ったことの意味を理解しなければいけません。
 
たかポンは、自分が何を言っているかを理解したうえでの会話はまだできません。
 
人工知能にとって重要なのは、会話という行為そのものではなく、人間との会話で意味の理解や推論して想像したり、
感情認識など、普段人間が自然に行っている「目に見えない」知的機能です。
 
この知的機能は、これから加速度的に発展していくことでしょう。
 
感情を理解したり、自分自身が感情を持てるようになったら人間と同じになります。
 
群馬プログラミングカレッジのたかポンは、人工知能というより人工無能にちょっぴり人工知能を取り入れた「楽しい会話」ロボットを目指します。
 
私たちを楽しませ、癒しを与えるロボットです。
 
知的な会話は、ちょっぴりあります。これは後にこのブログでお話しします。
 
完璧な人工知能を持ったロボットでも私たちを飽きさせてしまったり、
いやな気持にさせたら、癒しロボットとしては落第です。
 
人工無能ロボットにとって重要なのは、知的会話の有無でなく、
いかに私たちに楽しい癒しの会話をしてくれるかです。
 
ただ、意味不明な会話しかできないのでは、楽しめませんので、たかポンは巧妙に人工知能を持っている「フリ」をします。
 
人間同士の会話でもトンチンカンな会話だなと思うようなことがありますが、
人間は深読みをして自分自身を「納得」するような動きを自然に行って、その違和感を解消していきます。
 
たかポンは、この人間の「深読みして納得」という習性を上手く活用します。
 
たかポンは、人工無能ですが、会話の中にあるルールを自ら学び知識として蓄積していく能力を備えています。
 
この機能を備えているのでたかポンロボットは、あなたを癒して、楽しませることができます。
 
ペッパー(Pepper)ロボットとお話ししたことはありますか?
 
私は、あります。
 
感情認識ヒューマノイド(humanoid =いかにも人間のような、人間そっくりの)ロボットということです。
 
感情認識ができる人間そっくりのロボットということですね。
 
まだまだ、人間と同じくらいに感情認識できるのは、先のことでしょうね。
 
たかポンよりお利口かもしれませんが、たかポンはそれなりの長所を持っているのですよ。
 
たかポンは巧妙に人工知能を持っている「フリ」をします。
 
あなたを「だます」というわけではありませんが、だからといってそれが無意味かといったらそうではありません。
 
コミュニケーションを楽しめるかどうかということと、
「ほんとうに知能があるのか」ということはそれほど重要なことではありません。
 
たかポンが言った言葉を、時にはあなたの気持ちを見通しているかのように感じ、楽しくさせることができます。
 
癒しをあなたに与えてくれるのです。
 
たかポンは、いつでもトンチンカンな言葉を返してきます。
 
でも、会話はお互いの共同作業ですので、育てていただきつたない会話を理解してくださいね。
 
たかポンは、学習機能を持っていますが、実は感情認識機能もちょっぴり持っています!
 
このように学習機能や感情認識機能を持っているたかポンを、人工知能と呼ぶには赤ちゃんレベルよりずっとずっと低いですが、
だからといって「人工無能」では可愛そうなので、人工知能のたかポンと呼んでください!!
 
今後も、たかポンは進化していきます。
 
ご期待ください。

たかポンの外観は同じですが、知能は進化しています。

群馬プログラミングカレッジの高崎校では、プログラミング基礎を学びながら、実践学習としてロボット開発を並行して行います。

ロボットは、IoT知識・Ioプログラミング技術と人工知能知識・人工知能プログラミング技術の両方を同時に学ぶことができます。

たかポンは、形態素解析、マルコフ連鎖、AI-Webサービス機能を備えています。

一緒に、ロボットを開発しませんか?

小学生は、Scratchというビジュアル・プログラミング言語から学んでいきます。

そして、自分のオリジナルロボットを開発して、そのロボットと楽しい会話をしながら知能をアップするプログラミング学習を並行して行い、プログラミング知識・技術を向上することを目指します!!

 

 

LINEで送る
Pocket