四万温泉ガイドロボット

LINEで送る
Pocket

四万温泉ガイドロボット

温泉訪問客に温泉街の旅館、ホテルなどの宿泊施設、お店、観光スポットを散策時に音声ガイドする「四万温泉ガイドロボット」を開発しました。

2018年10月16日上毛新聞に掲載されました。

四万温泉ガイドロボット

 

ロボットは、ラズパイ、バッテリー、テンキー、イヤホン、スピーカーで構成されています。
開発プログラミング言語は、pythonとPHPです。データベースは、MySQLです。

温泉ガイドマップに記載された宿泊施設などに予め付与した「番号」をテンキーで入力するとイヤホン又はスピーカーでその施設のガイドを音声で行います。

ガイド時は、自動で温泉街のイベント情報や観光スポット情報をプッシュ型でガイドします。

イヤホン、スピーカーの切替えは「*+Enter」で行えます。複数人でガイドを受ける場合は、スピーカーに切り替えることで対応できます。

本ガイドロボットの特徴:
(1)廉価版で提供できます。
(2)ガイドをプッシュ型で行うことができ、適宜広告宣伝が可能です。
(3)DB(データベース)でコンテンツやログ情報を管理します。
(4)オンラインでコンテンツを維持管理できます。
(5)テンキーのみでロボット制御可能です。

イヤホン、スピーカーの音量は、「+」、「-」ボタンを押すことで調整できます。

ガイド時に、ガイド内容を繰り返し聞けるリピート機能や当該ガイドを途中で中断する機能などもあります。

ガイドコンテンツは、サーバーのDB(データベース)に格納されており、コンテンツの追加、変更、削除は、オンラインで行うことができます。
四季毎のコンテンツをDBに格納できますので、四季折々のガイドを提供することができます。

また、訪問客がガイドを受けた施設などのログ情報も収集できます。
貸出日時や返却日時のログ情報を収集して、有料貸出の場合の課金計算をログ情報から行うことができます。

今回は、誰でも簡単に操作できる「入力方式」をあえて採用しましたが、マイクロホンで、宿泊施設名や商店名、観光スポット名を言うとクラウド人工知能音声認識で、名称を特定してそのガイドを行うことができるバージョンも開発済みで、今後、ニーズに応じてリリースします。

次期バージョンは、AI画像認識で施設名を特定してガイドを行うバージョンを開発予定です。

群馬プログラミングカレッジでは、AIエンジニア、IoTエンジニアを募集しています。
今後、キーワードは、AI×IoTの時代です。
AI、IoTに興味のある方のご連絡をお待ちしております。

ガイドロボットの導入をご検討中の方もご連絡ください。

LINEで送る
Pocket

案内ロボットのコンテンツの考察

LINEで送る
Pocket

案内ロボットのコンテンツの考察

上のアイキャッチ画像は、四万温泉の「くらっぽ」キャラクターのポシェットです。
このポシェットを肩にかけて、温泉ガイドをしてもらいます。
ポシェット内に温泉ガイドロボットが入っています。
このように、「癒し」のある温泉ガイドロボットです。

ロボットでの案内(ガイド)のニーズが増えている。

案内コンテンツの作成について考察する。

案内コンテンツは、季節、日時などの時間的条件で内容を変えたいニーズがある。
また、案内コンテンツの内容によって、次の案内コンテンツを利用者判断で取捨選択したい場合もある。
このようなニーズに対応する案内コンテンツの構成と制御方法を示す。

1. 時間的条件:

コンテンツの内容を季節、月などの時間的条件で変えるように、コンテンツをデータベースで管理する。

(1)季節(春、夏、秋、冬)
(2)月(1月、2月、~12月)
(3)月の旬(上旬、中旬、下旬)
(4)日(1日、2日,3日、~31日)
(5)午前・午後(午前、午後、夜)
(6)時刻(0時0分0秒、1時、2時、~23時59分59秒)

 

2. 利用者判断条件:

利用者の判断でコンテンツのガイド方法を制御する。

(1)今の案内を最初から聞きたい
(2)今のフレーズをもう一度聞きたい
(3)次のフレーズは聞きたくない
(4)案内を終了したい
(5)A、B、Cの中で、Aに関心があるのでAを聞きたい(複数の選択肢から選択)

 

3. 案内音声の選択:

案内音声を利用者が選択できる。

(1)女性音声
(2)男性音声
(3)人間の音声
(4)ロボットの音声

 

4. 複数ロボットでの案内:

複数のロボット(男性の声のロボット、女性の声のロボットなど)で案内を行える。

(1)各フレーズをどのロボットが発話するかを制御
(2)複数のロボットが同時に発話する

 

5. 発話の喜怒哀楽:

コンテンツを喜怒哀楽の声表現で発話する。

(1)各フレーズの発話の喜怒哀楽制御

 

6. 案内コンテンツの構成

コンテンツの句読点(。)単位をフレーズとして扱う。

(1)フレーズ:句読点(。)単位を1フレーズと定義する。

 

テンキー案内ロボットのプロトタイプ
案内ターゲット毎に振られた番号をテンキー入力することで、案内を行う。
音声出力は、イヤホン、Bluetoothスピーカーを選択できる。

テンキー案内ロボットの構成:

(1)制御部(Raspberry Pi)
(2)案内指示(無線テンキー)
(3)音声出力(イヤホン、スピーカー)
(4)開発プログラミング言語:python
(5)制御方式:Socket通信
(6)音声合成:各種音声合成ソフト採用
(7)ログ情報収集(利用日時など)

群馬プログラミングカレッジでは、プログラミングやAIロボット開発に興味のある方を募集しております。
共同開発したり、先端AI技術を利用したシステム開発などを行います。

また、子どもプログラミング、プログラミング教育などに関心のある方のお問合せをお待ちしております。

群馬プログラミングカレッジでは、四万温泉協会と複数ロボット案内システムや温泉ガイドロボットなどの共同開発に参加しております。

 

LINEで送る
Pocket