pythonプログラミング言語の人気

LINEで送る
Pocket

pythonプログラミング言語の人気

pythonプログラミング言語の人気が上昇中!

1年前のbook storeでのpython関連書籍は、それほど多くはなかった。
しかし、2018年になるとプログラミング言語書籍コーナーでのpythonプログラミング言語関連書籍の順位は、トップとなった。

pythonプログラミング言語
pythonプログラミング言語
pythonプログラミング
pythonプログラミング言語
pythonプログラミング
pythonプログラミング

 

Python(パイソン)は、汎用のプログラミング言語です。
コードがシンプルで、C言語などに比べて、プログラムを分かりやすく、少ないコード行数で書けるといった特徴があります。

Pythonは、人工知能ソフトの開発、ビッグデータのデータ解析、IoTのソフト開発の現場でよく使われるプログラミング言語です。

Pythonは、特定の企業団体からの影響を受けにくいオープンソースで管理運営されていますので、幅広いジャンルの開発企業から支持されています。

Pythonは教育目的で設計されたわけではないが、単純さから子供が最初に学ぶ、プログラミング教育用の言語としても利用が増えています。

pythonプログラミング言語を開発したグイド・ヴァンロッサムはPython設計以前に教育用言語であるABCの開発にかかわり、教育用としての利用について期待感を示したこともあり、方針として非技術者向けといった利用を視野に入れているとされることもあります。

「私の大好きなPython利用法は、騒ぎ立てずに、言語教育でプログラミングの原理を教えること。」
 スラッシュドット・ジャパン『 グイド・ヴァンロッサム へのインタビュー』より。

ライブラリ[編集]
Pythonには「電池が付属しています(”Battery Included”)」の思想があり、プログラマがすぐに使えるようなライブラリや統合環境をあらかじめディストリビューションに含めるようにしています。
このため標準ライブラリは非常に充実しています。

人工知能ソフトの開発
Pythonは、人工知能ソフト、中でもディープラーニングや機械学習を用いたソフト開発の標準的なプログラミング言語として有名です。
ディープラーニングや機械学習のプログラム処理に高度な数値計算が必要となり、そしてコンパイル不要で手早くテストランできる環境が求められることから Pythonがよく使われる理由です。

IoTシステム開発
IoTとはモノをインターネットにつなぐことです。
IoTは”Internet of Things”の略でモノのインターネットと訳されています。
IoTとはモノがインターネット経由で通信することを意味します。

今、ニュースや新聞でも話題ですね。
プログラミング未経験者からするとIoTって遠い存在のように感じるかもしれませんが、意外と身近な存在です。

IoTシステムは、ラズベリーパイというコンピューターを使って、植木鉢内の水分量を確認するセンサーアプリやビニールハウス内の温度や湿度などをLINEでお知らせしたり、セキュリティーシステムを作ったりといろいろな場面で活躍しています。
単にプログラム・コードを書くだけでなく、センサーと連動したりして「リアル」と連動しながら手軽に学べるのはPythonならではといえます。

ロボット制御
ロボット制御というとCやC++、Javaが代表的なプログラミング言語になりますが、Pythonでもロボット制御が行われています。
Pythonの場合、特に教育現場でのロボット制御が有名で、レゴのマインドストリーム EV3もPythonを使って制御することが可能です。
普通マインドストリーム EXV3は、ビジュアル・プログラミング言語でロボット制御しますが、Pythonで制御することでワンランク上の学習ステージに上がることができます。

Webアプリ
Pythonは、PHPやRuby、Javaのようにサーバーサイドで動くプログラムになります。
PHPに比べると読み書きしやすく、Rubyに比べるとC/C++との相性がよく、Javaに比べると記述量が少なく、コンパイル不要とあってPythonでWebアプリを開発する事例も多数存在します。

Pythonを使って開発されているWebアプリの事例:
YouTube
Instagram
Quora
Reddit

 

群馬プログラミングカレッジでのプログラミング学習では、主にpythonプログラミング言語を学びます。

子どもたちの子どもプログラミング教室では、最初は、Scratchからプログラミングを学び、高学年生はpythonプログラミング言語を学びます。

群馬プログラミングカレッジの「たかポンロボット」、「複数ロボット自然会話システム」、「案内ロボット」などは、pythonプログラミング言語、PHPプログラミング言語で開発されています。

 

 

LINEで送る
Pocket

複数ロボット自然会話システム(3)

LINEで送る
Pocket

複数ロボット自然会話システム(3)

複数ロボット自然会話システム(1)
複数ロボット自然会話システム(2)
複数ロボット自然会話システム(3)
複数ロボット自然会話システム(4)

複数ロボット自然会話システム

インターネットで繋がった複数の自然会話ロボットがロボット同士でお互いに自然会話を行うシステムです。
各ロボットは、音声認識、自然会話、音声合成の機能を有し、3種の会話モードで会話しまします。

3つのモード:

  • 対談モード(2人で会話する)
  • 鼎談(ていだん)モード(3人で会話する)
  • 会談モード(4人以上の複数のロボットがお互いに会話する)

 システムは、システムを管理するサーバーと複数のロボットから構成される。
サーバーのMySQLデータベースサーバーに会話内容とログ情報を保存する。
会話内容は、ある特定の話題について会話を行うことができ、その話題の「キーワード」でインターネットから情報検索してその内容を会話の材料にして、会話内容を膨らませていきます。

    1. システム構成図:
      1. サーバーには、ホームページ、WebサービスAPI、MySQLデータベースを設置。サーバーでの開発言語は、PHPを利用。
      2.  ロボットAには、サーバープログラムとクライアントプログラムを設置。サーバープログラムは、サーバーのWebサービスAPIと連携してシステム全体を管理する。クライアントプログラムは、ロボット同士の会話処理を行う。
      3.  ロボットA以外のロボットには、クライアントプログラムのみを設置。
      4.  サーバーと各ロボットは、インターネットで繋ぐ。
      5.  ロボットは、複数台繋ぐことができる。
      6.  ロボットは、インターネット上の各種(AI)クラウドWebサービスなどを利用する。
      7.  各ロボットは、WebサービスAPIで、サーバーと交信する。
      8.  サーバーは、NTTのレンタルサーバー、ロボットのハードウェアは、RaspberryPiのマイクロコンピュータ。ロボットのプログラミング言語は、python。

  1. サーバー・ソフトウェア構成
    1. ホームページ、サーバーは、OCNホスティングのBizメール&ウェブビジネスを利用。
    2.  WebサービスAPI(複数ロボット管理プログラム、ログ情報管理プログラム)
    3.  開発プログラミング言語は、PHPバージョン5.6
    4.  MySQLデータベースのバージョン5.1.73(会話情報、ログ情報、制御情報など)

 

  1. クライアント・ソフトウェア構成 
    1. OSは、RaspberryPiに特化したLinuxのRaspbian
    2. ロボットには、音声入力、音声認識、自然会話、音声合成処理のソフトウェアパッケージを利用。
      1) 音声入力:SOX(Sound eXchange)ライブラリ
      2) 音声認識:Google Speech API
      3) 自然会話:docomo雑談会話API 4) 音声合成:Open JTalk
    3. ロボットのプログラム
      1) 会話処理プログラム
      2) サーボ制御プログラム(ロボットの頭、手の動きを実現)
      3) LED制御プログラム(ロボットの目の点滅など)
      4) WebサービスAPIプログラム(サーバーとの交信含む)
      5) ログ情報収集プログラム

 

 

LINEで送る
Pocket